食べることでしかストレス解消できない

こんにちは!竹本亜也子です。

 

先日、あるクライアント様とのセッションの内容を
許可をいただきましたのでシェアさせていただきます。
ちょっと長くなりますがおつきあい下さい。

その方の現在のお悩みはどうしても食べてしまう!
というものでした。

自分の意志では食べたくない!おなかもさほどすいていない。
なのにストレスを感じると・・・食べてしまう。
会社帰りにコンビにによってはお菓子などを買ってしまう。
食べたくないのに食べているからか?
胃のあたりもムカムカしている・・・とのことでした。

そして食べてしまうので体重も増えて来ている気がして
さらに自己嫌悪に陥っていらっしゃいました。

お話を伺ううちに問題の根は
子供時代のある思い込みにあることが見えてきました。

この方は小さい時からたくさんのストレスにさらされてきました。
自由に遊べれば、ご家族に甘えられれば、
子供らしく泣いたり笑ったりできていれば・・・
溜まったストレスも発散できたはずです。
でもこの方はそれも許されずたった一人で小さな心に
溜まったストレスをなんとかして解消させようとしました。
そう、それが食べる事です。


食べている時には辛い事苦しい事を忘れられる。
おなかいっぱいになった時にはとりあえず満足感を
感じる事ができたはずです・・・(涙)

今、大人になった私たちはストレス解消法を知っています。
お洋服を買う!お酒を飲む!歌う!スポーツ!
でも子供はそんなことできる自由にできるはずはなく
もっと短絡的な発想になっていきます。
それが食べる事・・・それしか無かったのです。

そこでその思い込みを引き抜き光へ返しました。
そして新しい有効な思い込み
私は食べる事以外にストレス発散の方法を知っている
これをダウンロードしました。

10日程経った後、その方からこんなお言葉が届きました。
「先日はありがとうございました。
食べることでしかストレス解消できないという
思い込みに気づき、引き抜いて頂いて
食べなくても大丈夫という感覚を感じられるようになりました」


大人になり知識もお金も手に入っているはずなのに
子供の頃の単純な思い込みが現在の行動も決定していたのです。

食べることはストレスを解消できる→
食べる事でしかストレス解消できないに変わり→
ストレスを感じると食べたくも無いのに食べてしまう。

頭では違う!と分かっていても
心の奥底や細胞のひとつひとつが思い込んでいると
なかなか現実的な行動は変わってこないのです。


やめたい!変えたい!そんな思いや行動があるのならコチラ
http://www.healing-saika.jp/お問合わせ