冥王星からのメッセージ

アメリカの無人探査機、ニューホライズンズが地球から遠く離れた冥王星に近づいていますね。

占星術上、冥王星が意味するものとしては始まりと終わり。

物事を根底から覆す。

再生、刷新。

地下に眠る資源、財産。

そして人間、人の潜在意識、深層心理。

目にはみえなくてもそこにある、存在しているものを象徴しています。


ニューホライズンズは2006年に地球を飛び立ち、9年半かけ、ようやく冥王星に近づいていきました。

2006年…実はその年に冥王星は話題になっていたのを覚えていますか?

そう、冥王星を太陽系の惑星から外す、外さないの議論が上がったのが2006年だったのです。

結局、冥王星は太陽系の惑星から外れ準惑星になりました。

しかし占星術上は冥王星が意味するもの、司るものへの影響は同じようにみなされ現在に至っています。


2006年、ニューホライズンズはそんな冥王星に向かい、地球を飛び立っていきました。

私達が冥王星についてのニュースなんてきれいサッパリ忘れ去り、それでも遠く遠くを目指し、宇宙の暗闇の中、一人?一探査機?旅を黙々と続けていき、今、ようやく近くに辿りついたのです…涙

そして9年半の時を経て、ニューホライズンズが、冥王星が私達に語りかけてくる問題は前述の通り。

深い部分の問題に見て見ぬふりをし続けてきたら、必ずそれは存在をアピールし、現実や意識に浮かび上がってくる。

私は常日頃、この見て見ぬフリ、気がつかないフリ、感じないフリが一番アカン‼︎と言っています。

問題がおきた時に逃げずに向き合う、真剣に感じる、考えることが大切で、問題根本解決の一番の近道であると思っています。

東日本大震災を始め、地球規模での変化変容を受けて、私達は変わったのでしょうか?

本当に大事なもの、大切なものは何なのでしょうか?

それに気がついて、行動しているでしょうか?

ニューホライズンズが送ってくる冥王星からのメッセージは、私達地球人が変わっていなければ、根底から覆すぞ。そんな風にも感じるのです。

新国立競技場の問題は見て見ぬフリをしない!問題があるならば根本から覆す!その決断ができたようです。

大規模な問題でなくても、私達の日常生活の中でも、しっかりと感じて、考えて、決断していくことが、今、本当に必要であると思っています。

でもこれは簡単ではないんですね。
違うやり方で生きてきたなら、なおさら難しい。

だからこそ、私は変わりたい!と思っている方をしっかりとサポートしながら、行動が変わるまでお付き合いしていかせていただきます。

一緒に頑張っていきましょうね。

ニューホライズンズ、冥王星のニュースから私、竹本亜也子が感じたことでした。

ちなみに写真はニューホライズンズが送ってきた冥王星の写真。
ハート形のクレーター?深層心理にある、大切なものは愛?😊