スピリチュアルって何・・・?

    怪しくないの?なんかの宗教? 

   

    いいえ!ちがいます!

 

 1999年、WHO(世界保健機構)は従来の「健康」の定義(肉体、精神的、社会的健康)にスピリチュアル(霊的)な健康を健康を構成する項目として加えることを提言したことで注目を集めました。

 

つまりは健康な状態とは、肉体的、精神的、社会的にプラスして霊的、スピリチュアルな面でも健やかでいる状態がいいんじゃない?と

言った(提言した)ということです。

 

じゃあスピリチュアルって何よ?

 

広辞苑には霊的な、精神的なという形容詞として載っています。

 

では霊的って何よ?

 

広辞苑には霊魂に関するさま。精神に関するさま。


そして神聖で清らかなさま。

 

分かるような分からないような・・・(笑)


霊にしても精神にしても心にしても、ほとんどが目には見えない(人が多い、見える人もいるから)



 

WHOの定義によるとスピリチュアルとは:

人間として生きることに関連した経験的一側面であり

身体感覚的な現象を超越して得た体験を表す言葉

 

多 くの人々にとって、「生きていること」が持つスピリチュアルな側面には宗教的な因子が含まれているが、「スピリチュアル」は「宗教的」とは同じ意味ではな い。

 

スピリチュアルな因子は、身体的、心理的、社会的因子を包含した、人間の「生」の全体像を構成する一因子とみることができ、生きている意味や目的につ いての関心や懸念と関わっている場合が多い。


こういったことからスピリチュアリティーとは『人生に抽象的かつ積極的な意味を与え、人生を生きる価値のあるものとして生きる力』『生きる意味や目的を自らの外面や、自らを超える大きな存在に求める機能』と言ってよいと思います。

 

私、竹本亜也子もヴァイアナのシータヒーリングも特定の宗教、思想、主義とは何の関係もございません。

 

またそれらを否定するものでもありません。

 

むしろそれぞれの神様や崇拝されている対象を尊重致します。

 

対立、否定からはなにも生まれません。

 

集まって議論したり、協調したり、調和に向けていくことこそ、どんな神様も高次の次元も望んでいるはずです。

 

私はそれそれのバックボーンである、宗教、思想、主義を尊重しながら

スピリチュアリティ(霊性)を高めていくことが大切であると考えます。